センター英語・TLTソフト



2015年度センタ―英語

e-Learning(Net会員)版 … インターネットの環境が必要です。
2015年度 センター英語ネット会員(お申し込みから1年間学習可能)

・英語が苦手でも、センター試験で210点を目指せます。

・センター英語頻出の1000単熟語の習熟演習と,
大問の問題パターンごとの基本問題&過去問を   
自動反復トレーニングします。

・各大問形式に対応したリスニング演習が充実しています。

特別割引で「在宅会員」300名限定募集

・総問題数21,000題 300時間完成

ネット会員とはインターネットを通じて学習をしていただく会員です。
ネット学習の機能はCD-ROM以上の高機能と利便性を備えています。
インターネットでの学習は場所やパソコンを問わず便利です。
学習方法と詳細は初回お届けの際ご案内します。
e-ラーニング学習は、CDーROMや郵送等諸費用が不要のため、
割引価格でご提供できます。ネット環境をご用意ください。
なお、e-ラーニングは本試験終了後も1年間の無償利用ができます。

・点数保証なし

特別一括払い価格63,669円/税込

分割はカードでご自由に、この他一切費用はかかりません。

お申し込みはこちらのページからお願い致します。

 

○ e-ラーニング学習は、CDーROMや郵送等諸費用が不要のため、
割引価格でご提供できます。ネット環境をご用意ください。
なお、e-ラーニングは本試験終了後も1年間の無償利用ができます。

・点数保証なし

・センタ―英語(ニュートンオリジナル)

重要英単塾語1000

ご利用期間:6箇月

特別一括払い価格20,366円/税込

分割はカードでご自由に、この他一切費用はかかりません。

お申し込みはこちらのページからお願い致します。

 

○ e-ラーニング学習は、CDーROMや郵送等諸費用が不要のため、
割引価格でご提供できます。ネット環境をご用意ください。
なお、e-ラーニングは本試験終了後も1年間の無償利用ができます。

・点数保証なし

・センタ―英語(ニュートンオリジナル)

リスニング対策

ご利用期間:6箇月

特別一括払い価格20,366円/税込

分割はカードでご自由に、この他一切費用はかかりません。

お申し込みはこちらのページからお願い致します。

 

 

 

Z会解決!センタ―英語 筆記)

販売は、終了致しました。

e-Learning(Net会員)版 … インターネットの環境が必要です。

・Z会 三村浩一+堀池光男 著
「Z会 解決!センター英語 筆記」
に対応した内容になっています。

・リスニング等 音声問題は含まれていません。

・総問題数は 1,000 題、標準学習時間は 50 時間です、

  • 3ヶ月版 一括払い:-円

  • 年度版 一括払い:-円
  ※点数保証は付きません。
※3ヶ月版の場合の使用期限はお申込みの翌月1日より3か月です。
(例 5/15お申込み → 8/31迄)
なお、期限の延長は承りません。
3ヶ月以上お使いになる場合は、初めから年度版をお求めください。
※年度版の使用期限は、直近のセンター試験の追試験の日までになります、
(現在であれば、2012年1月のセンター試験の追試験日 迄)

 

お申し込みは-のページからお願い致します。

 

   

 


オプション科目・TLTソフト



     
      

 オプション科目の特別価格(税込)とは、
英語ソフト(センタ―英語) を購入され英語会員となられ、
追加として購入されたときの価格です。

日本史や世界史等
を英語会員にならずに単独で
購入される場合は通常価格(税込)です。


(1 ) 日本史・世界史


   通常価格-円を特別価格- 

お申し込みはこちらのページからお願い致します。


(2 ) 生物Ⅰ・化学Ⅰ・物理Ⅰ 

       
通常価格各-円を特別価格各-

お申し込みはこちらのページからお願い致します。

 

     (3 ) 数学ⅠA・ 数学ⅡB

        通常価格各-円を特別価格各-円

お申し込みはこちらのページからお願い致します。



  (4 ) 国語 

         通常価格-円を特別価格-円 

お申し込みはこちらのページからお願い致します。
                           

  (5 ) 難関大学用英単語1260

通常価格各-円を特別価格各-円

※センター英単語との重複はなく、熟語が加わり、合わせて「1260単熟語」です。

お申し込みはこちらのページからお願い致します。



いま、英語がニガテでも、210点突破の正答力を身につける画期的な在宅講座です。

 すでに5年の実績と高等学校での採用も進む信頼の在宅講座です。英語がニガテでも、2010年のセンター英語でゆうに210点を超える正答力をつける方法があります。

  英単語・熟語、 発音・アクセント、英作文、文法・語法、長文読解、リスニング等についてセンター試験の大問別(1~6)に満点対策を進め,合計250点満点取得を目指しています。

 各分野(たとえば大 問1の分野は発音、アクセント、文強勢)は中学の基礎からトレーニングを繰り返し、驚異的な習熟機能を発揮して大問単位で満点対策ができます。

 TLTはテスティング、ラーニング、トレーニングの頭文字をとった名称です。学習はどの分野も20のスモールステップに分けて習熟します。

 1ステップの学習は15~30分です。 たとえば「英単熟語1000」は第1と第2の分野にわけて、それぞ20ステップに分割し、最初の1ステップ25単語をテスティングし、間違えたり知らなかった単語を選び、それらの単語 を完全に丸暗記するまでトレーニングします。

 100%習熟したとTLTトレーニングソフトが認定すると、そのステップは終了になり、次のステップに進みます。

 このように完全に習熟しな ければ次のステップに進むことはできません。こうして全20ステップを終了すると、もう一度各ステップで最初に間違えた単語をあなたのニガテ単語として、再度、再々度TLTトレーニン グソフトで確認し、すべてを習熟します。

 そしてあなた固有の「合格保証番号」が表示されます。 したがって全8分野の全ステップを習熟すれば、いまの英語力に関係なく限りなく250点満点に近い得点を実現できます。

 このような習熟内容、習熟度管理機能を備えたTLTトレーニング ソフトだからこそ、センター英語の210点保証制度を可能にしています。 さらに大問別にインターネットによる「210点突破の確認テスト」で、あなた自身が210点を間違いなく突破できることをしっかり確認して、センター英語を揺るぎないものにします。


おもしろいほど習熟度を上げるパソコン学習
いま英語が苦手な受験生でも余裕学習で、ほぼ250点に到達させるTLTソフト

 ○ 自宅で一人で、NewtonTLTソフトのみでの学習で250点満点(うちリスニング50点を含む)でゆうに210点を超える学力をつけることが可能です。 来年のセンター英語満点対策での4分野(「単語、塾語とその例文1000」「文法、語法全問題」「長文読解」「リスニング」)をNewtonTLTソフトを完全に習熟すれば、学習者固有の合格番号が表示されます。  分野単位で「合格番号」さえ表示されれば、たとえ単語ならその意味やスペルを丸暗記しただけでなく、さまざまな例文においても英語力が発揮できる力が養成されたことを確認するシステムなのです。  このような個別に習熟状況を把握しながらスモールステップで合格を積み上げ、センター英語の完全習熟が達成されたとき、全ての分野に「合格番号」が表示されることからセンター試験受験前にまでにその合格番号を当正規販売代理店に報告され、当日の試験で所定の250点満点中210点に達しない場合、お支払い総額全額を返還する制度です。このような制度はNewtonTLTソフトの「習熟度判定機能」「個別の最適習熟トレーニング方法」等を備え、米国特許No.5888071号を取得し、日本国内の特許No3820421号も取得した画期的なNewton学習システムだからこそ可能になるものです。尚、詳しいご案内はお届けの際、同封いたします。

○ 大学受験、特に文系学部合格は、英語で決まると言っても過言ではありません。英語はずば抜けて配点が大きく、国立だけではなく多くの私立もセンター英語の受験を必須にしています。英語の満点は250点です。Newton社は5年前からセンター試験英語の点数保証の在宅講座を実施してきました。NewtonTLTソフトに組み込まれたセンター英語の演習をパソコン画面で学習すると、これまでの学習に比べて短期間に210点を突破する回答力を身に着けることが可能です。

センター英語210点を短期実現

 TLTソフトで学習すればセンター試験英語の250点満点でゆうに210点を超える学力をつけることが可能です。  まず、第1にセンター英語に出る可能性のある英単熟語1000語を完全マスターへ。次にその例文演習ソフトで英語の土台である単熟語の使い方を例文とともに頭にすり込めば、センター英語では知らない単語や熟語はなくなるはずです。これだけで英語の基礎学力は飛躍的に向上するはずです。  語彙力で全く不安がなくなったところで、文法語法の過去問題と、出題される可能性のある学習事項を自動習熟機能で自然に頭にたたき込み、完全習熟実現へ。原理的にはこれ以外に出題される問題は、ほぼないはずです。  そして、いよいよ長文読解に臨みます。もちろん、過去問題から厳選した長文読解は、一文章残らず演習します。長文読解の苦手な人は、そのできない構文のパターンが決まっており、その数はわずか百数十に過ぎません。そのパターンプラクティスを、ニュートンが開発した米国特許をもつTLT方式での「英文和訳トレーニング」で、どのパターンの文章が出ても瞬間的に解釈できるように30時間でのスピード演習をします。続けて大変やさしいリスニングからかなり複雑な会話文やさまざまな種類のアナウンスを種類別に演習し、リスニングがニガテな受験生でもセンターリスニングなら満点が取れる「英語耳」にまで集中的に高めます。

パソコンがあれば短期合格を実現するNewtonTLTソフト

 NewtonTLTソフトとは,Testing (自分の実力をチェック),Learning(知らない項目だけを学習),Training (覚えるまで繰り返し演習) の頭文字をとったもので,ニュートン社がまったくの初学者でも容易に,自動的に『完全習熟』させてしまうことを追求して開発した,自動習熟システムソフトの名称です。
『センター試験英語』の試験にむけて,NewtonTLTソフトで英語学習を始めれば,いま英語の苦手な方でも十分余裕をもってセンター試験英語で210点以上の点数を果たすことが可能です。

■ スピード習熟を可能にしたワンタッチ入力

 まず,1項目ずつ覚えるべき説明を読んだあとTesting 画面に表示される問題に,『答』をキーで入力していきます。選択問題ではなく,答をキーで書き込むのです。
穴埋め形式の問題は,そのつど学習中に穴埋め箇所が表示されます。マチガイは×表示です。要するに頭文字の1文字を入れるだけで○×の判定をします。これが習熟スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力』なのです。

あなたの弱点項目を集中トレーニングする習熟度管理機能

 TESTINGでは,まず学習事項を丁寧に説明します。そしてそれを問題演習を通じて確認していきます。
次のLEARNINGでは,あなたがTESTINGで間違えた問題だけを反復しつつ徹底的に演習し,理解と記憶の定着を図ります(オーダーメイドの学習です)。
そして,最後にTRAININGで,再び確認します。なお,TRAININGでは,全問題を連続正解しなければなりません。1問でも間違えてはなりませんから,緊張感を持ちつつ,学習することができます。そして終了時の達成感は格別です。

■ 忘却曲線応用システムで100パーセント習熟へ

 ところが,完全に覚えたと思っても時間が経過したり,次から次へと新たな知識を吸収していくうちに,その記憶は希薄になり次第に忘れていきます。TLTソフトでは『忘却曲線』を応用して,出題方法に工夫をこらして忘却曲線を立ち上げ,最後には文章自体をしっかり『頭にスリこませて』しまいます。
こうして,Testing やLearningを通してすべての学習項目での必要な知識を身につけ,さらにTrainingであらゆる問題を習熟することによって,あなたはどのような形式で出題されようと100パーセント正解できるとコンピュータが判断すると,いよいよあなた固有の6桁の『合格番号』が発番されます。

200時間完成のセンター英語 TLTソフトについて

■ 1.まず単語を丸暗記する 単熟語1000 例文演習2400 30時間

 センター英語を制する1000単熟語をNewtonTLTソフトでテスティングし、間違えたものについてのみ、ラーニングとトレーニングを完全に身につくまで徹底的に繰り返し、完全習得してもらいます。1000語の中で知らない語数は、平均的に500前後。この500単熟語が受験の明暗を分けることになります。
 一つの単語熟語を完全習得するには、場面を変えて30回程度のトレーニングが必要です。また一度間違えた単語は忘却曲線を応用して、さまざまなところでテスティングしつつ、間違えれば、その都度トレーニングが課せられる仕組みで、「何処で出されても」瞬時に答えられるように頭に刷り込んでしまいます。
500語をマスターするのに30時間あれば充分。特別に遅ければ、40時間かかる人がいるかも知れませんが、必ず完全習得できるはずです。ここが他の教材では考えられない習熟システムで、NewtonTLTソフトはあなた専用の最も合理的、かつ効果的にパソコンの情報処理機能を駆使して、完全丸暗記へのトレーニングを展開します。
 また、この1000単熟語を使った重要語例文演習のためのNewtonTLTソフトについても習熟します。その例文演習がパーフェクトになれば、語彙力もより確実なものになり、もう単熟語については心配する必要はなくなります。

■ 2.満点を取れる文法・語法 文法・語法対策 20時間

 文法や語法は、ともにセンター試験にでるパターンや傾向は、毎年ほぼ不変です。つまり、そこで出願される知識項目も決まっています。それらの中からセンター試験には、いくつかあるものを選んでだされるにすぎません。
例えば、今までに一度も出願されたことがない重要項目が残っているとすれば、その項目の出題確率は高くなります。
これらのことを分析してみれば、すべての知識項目を習得する総時間は、その数量からいって20時間あれば十分です。

■ 3.長文読解は画期的な演習法で 速習・長文読解 50時間

 さて、最大の課題は長文読解です。まず、早く正確に和訳できることが大切です。過去問を総動員することはもちろん、数多くの入試長文を徹底的に演習する仕組みになっています。先ず学習する英文が表示されます。
まず、「ENTER キー」を押してください。最初に訳すべき部分に下線が引かれ( )が表示されます。
No one Knows / what tomorrow's world will be like
(■ ) /
( )のカーソルの位置に訳の先頭文字を入れます。「da」「wa」「shi」などをローマ字で入れれば、
「だ」→「だれもわからない」、「わ」→「わかる人はいない」、「し」→「知っている人はいない」と( )の中に訳が
表示されます。その他の文字を入れると×になり、同様に訳が表示されます。そして「ENTER キー」を押すと
No one Knows / what tomorrow's world will be like
(だれもわからない) / 明日の世界が (■ )は
上記のように新しい( )が表示されます。『ど」を入れれば正解です。( )内には、『どのようになるか」が表示され、正解回答として扱われます。このように、どんどん「ENTER  キー」を押し( )に
入力し、解答表示がされ進んでいきます。間違えが蓄積されると、トレーニング画面に移り、間違えたセンテンスだ
けが表示され、徹底的にトレーニングが繰り返され、完全に出来るようになったと判断されたら、その間違えたセンテンスは合格となり、また新しいパラグラフに入っていきます。
こうして5回分位の長文読解をトレーニングすると、読解力は驚くほど身についてきます。完全マスターするには、63回分ありますから、それらが終了したときには、ほぼ日本語を読むようなスピードで和訳解釈できるようになっています。

■ 4.誰でも50点満点への万全対策 リスニング対策 50時間

 最も基本的な会話英文及び基礎構文での約2900例分が瞬時に聞き取れるように、リスニングトレーニングを繰り返し行い、基礎力を万全にします。ついで、センター試験に出るリスニング問題25種の全英文が完全に聞き取り出来る様に演習を繰り返し、完全に習熟出来た所で、予想問題約270問2500例文を実践演習し50点満点中50点を確保出来るようリスニング力の養成をします。

点数保証制度

■ センター英語満点対策で所定の250点満点中210点未満になれば『全額返還』

 センター英語満点対策で、NewtonTLTソフトを完全に習熟すれば、学習者固有の合格番号が表示されます。科目単位で「合格番号」さえ表示されれば、センター試験受験前にまでにその合格番号を当正規販売代理店に報告され、当日の試験で所定の250点満点中210点(出願の際、成績開示申請されている人は2008年4月中旬にセンターから成績が送られてきます。)に達しない場合、お支払い総額全額を返還する制度です。尚、詳しい御案内はお届けの際、同封いたします。(現高校1年生の保証制度は2009年1月受験が対象です。)

センター試験(大学受験)学習項目一覧

CD-ROM・ネット会員版

【センター試験英語210点保証 】  標準学習時間 150~250時間
科目 内容 標準時間
4月 単語・熟語1000、例文演習2400
一センター英語に必要な単語・熟語を丸暗記と使用例文の演習で英語に確かな自信と希望が湧きます。
30
5月 大問2 対応→文法・語法、対話文、英作文
一出題される項目や問題種がはっきりしています。大問2はイチバン点数の開きが出ます。
30
6月 大問3 対応→ショート長文の正確な読解の語句、文補充、英文完成、速読
一この分野が勝敗を決めます。長文読解のエッセンスです。
30
7月 月大問1 対応→発音、アクセント等
一出題される単語と発音、つづりが決まっています。すべて演習すれば誰でも満点の分野です。
10
8月 大問4 対応→本格ビジュアル長文読解
一絵との対応で答える長文読解。大問3がしっかりできていれば少し慣れるだけで全問正解は可能。
20
9月 大問6 対応→長文読解・物語、会話文
一独特な表現文、会話の決まり文句等を中心に40の長文で十分すぎるほどの演習。この分野は満点。
10
10月 リスニング対応の徹底演習版A、B、C、D 全レベル
一約60ステップ。中学レベルの基礎からセンターリスニングに超速習で満点対策実戦演習。
50
  *11月下旬よりインターネットで 大問別210到達 確認テスト を実施します。

【センター試験オプションソフト】
コース 標準習熟時間
日本史/世界史 各30~60時間
生物 I /化学 I /物理 各40~60時間
数学 I A/数学 II B 30~60時間
国語(漢字、文法、読解語彙、古典単語、文学史等) 50~80時間

高等学校、塾、予備校での団体一括購入を、ご希望される先生方へ

■ 特別料金でのアカデミー団体パック

 TLTソフトでなら現状の英語力にほとんど関係なく、どの生徒さんでも英語の実力、得点力を大問単位でしっかり向上させることが可能です。また、日本史や世界史のTLTソフトもご利用になれば、私立大学文系の大部分に合格の可能性が出てまいります。 TLTソフトのe-ラーニングは、すでに有名私立等の高等学校に導入されています。このたび学校採用や予備校での一括採用をご希望される場合、特別料金で用意しております。

オプション科目(オプション科目は、一括払い)

 

日本史/世界史/(各80点保証)

日本史、世界史は、基本的に知っているか知らないかで、その点数が決まる典型的な科目です。
これら、2科目は、どの科目もその知識項目は1500項目程度です。これらは、英単語以上に習得が容易です。
その理由は、それぞれの時代の流れや脈絡があり一定の文脈があることから、極めてスピーディーに必要十分な知識を、頭にすり込んでしまうことが可能だからです。完全習熟時間は、それぞれ30時間でパーフェクトを目指します。
全体の6割以上の知識が未習得の人でも、30時間もあれば、殆どが100点を取れるはずです。とにかく抜群の効果がありますから、NewtonTLTソフトならこの科目での高得点は最も期待できます。
「センター試験対策オプションソフト」として、80点の点数保証がついています。

Q&A

質問事項1. 本日、IDと3科目(日本史・政治経済・生物Ⅰ)1枚づつ計3枚のCD-ROMの送付を受けた。IDは、3科目共通でいいか。
回答1.会員番号につきましてはお申込いただいた各教材につき1つの会員番号となっております。例えば宅建と行政書士をお申込いただくと会員番号は2つとなりますが、センター対策ソフトについては「センター対策ソフト」として1教材となりますので、複数の科目の商品をお申込いただいても、会員番号は1つとなります。
 ですので、お問い合わせの通り、お送り致しました会員証の会員番号につきましては3科目共通の会員番号となります。
 
 
質問事項2. 先ず、政治経済のCD-ROMのインストールを実施し、ひき続いて日本史のCD-ROMのインストールを実施した。画面を確認すると、日本史と政治経済のテスティング・ラーニング・トレーニングの3画面に日本史と政治経済の科目が混在しているように見えますが、日本史と政治経済は、それぞれ独立して、勉学するのではないですか。再度、入力方法の誤りが無いか確認したいので、ポイントとなる注意点を教えてください。
回答2.まずはこの度お申込をいただきましたセンター対策ソフトのプログラムについてご案内をさせていただきます。
 通常、センター対策ソフトは各科目ごとに違うプログラムを使用しておりますが、お申込いただいた中の「日本史、政治経済」につきましては「社会」科目として同じプログラムの中に科目が追加されるようになっております。
 ご指摘の通り、学習開始の画面でTesting、Learning、Trainingのいずれかをご選択いただくと日本史・政治経済の両方の科目が表示されるかと思いますが、それぞれ学習科目としては独立しておりますので、まずはインストールされている日本史、政治経済のどちらを学習されるかをお選びいただいたうえ、Tesining、Learning、Training、の学習される方の科目をクリックしていただいたうえ、学習を進めていただきますよう宜しくお願い申し上げます。
 なお、各科目の学習の履歴についても独立しておりますので、日本史・政治経済の学習を並行して進めていただくことも可能でございます。
 
 
質問事項3.最後に、生物Iの入力をしましたが、圧縮プログラムの解凍をして、手順どおりしたが、画面構成が、日本史・政治経済と異なりテスティング・ラーニング・トレーニングの3画面とはなっていませんが、このまま学習を進めていいですか。
回答3.上記「回答2.」でご案内致しましたとおり、センター対策ソフトにつきましては各科目ごとにプログラムが異なります、「化学Ⅰ」の科目につきましてはご指摘のとおり、Testing、Learning、Trainingではなく、初回、復習、総チェックという学習区分になっております。
 画面表示につきまして問題はございませんので、学習を進めていただきますよう宜しくお願い申し上げます。




2.生物Ⅰ/化学Ⅰ/物理(各80点保証)  30時間あれば100点レベルに。

基本的には、生物、化学や物理は知識さえ正確に習得していれば、100点を取りやすい科目です。特に文系の人でも理系の知識を必要とせず、短時間に習得出来ます。いずれにしても、試験形式は選択問題ですから知識を正確に習得しておく必要があります。社会科に比べ、知識の習得量は、はるかに少なく面白いほど簡単に点数を伸ばすことが出来ます。もちろん、ミスが無ければ十分に100点が取れますから安心してNewtonTLTソフトに取り組んでください。
「センター試験対策オプションソフト」として、80点の点数保証がついています。

 ○ご申込をクリックしてください。

英語の会員にお申し込みになれば、特別価格(税込み)で御提供します。
特別価格とは、英語ソフトを購入され、英語会員となられ、追加として購入されたときの価格です。
生物Ⅰ、化学Ⅰ屋物理を英語会員にならずに単独で購入される場合は、通常価格です。
各科目とも一括払い通常価格39,900円(特別価格23,000)
ご注文確認次第に、お届けします。現金又はカードでの「代引き」です。

▲ページ上部へ




3.数学Ⅰ・A/数学Ⅱ・B(各80点保証)

センター試験の数学は、問題種が各科目とも250種類程度のステップ代表問題があり最初に各ステップ問題をテストし正解の場合は次々にステップを進み、間違えると類題を10題程度完全習熟するまでトレーニングします。こうしてNewtonTLTで演習を積み重ねれば、それぞれの問題パターンを確実にスピーディーにマスターすることができる納得のいく習熟システムです。
数学は苦手だという人にとっては、うってつけのシステムですから、ぜひ期待してほしいと思います。国立大学の場合、文系でも数学は必須であり、意外と数学の点数で不合格になったり、合格になったりすることがあります。

「センター試験対策オプションソフト」各科目とも、80点の点数保証がついています。

 ○ご申込をクリックしてください。

英語の会員にお申し込みになれば、特別価格(税込み)で御提供します。
特別価格とは、英語ソフトを購入され、英語会員となられ、追加として購入されたときの価格です。
数学Ⅰ・Aや数学Ⅱ・Bを英語会員にならずに単独で購入される場合は、通常価格です。
各科目とも一括払い通常価格 39,900円(特別価格23,000)
ご注文確認次第に、お届けします。現金又はカードでの「代引き」です。

▲ページ上部へ




4国語(漢字、文法、読解語彙、古典単語、文学史等)(点数保証なし) 

 国語の漢字、文法、文学史、古典等は出題される範囲や形式が決まっていますから、それらを完全習熟をすれば、ほぼその範囲については正解できます。
ただし、長文読解は、出現する難解な語彙を習熟することによって読解力を高めます。

・大学受験国語 (国語全科目パック)  【掲載科目・詳細】   ・現国語彙   ・漢字   ・古典単語文法   ・文学史  
 
 ○ご申込 をクリックしてください。

英語の会員にお申し込みになれば、特別価格(税込み)で御提供します。
特別価格とは、英語ソフトを購入され、英語会員となられ、追加として購入されたときの価格です。
国語を英語会員にならずに単独で購入される場合は、通常価格です。
一括払い通常価格 29,400円(特別価格17,000)
ご注文確認次第にお届けします。現金又はカードでの「代引き」です。

▲ページ上部へ





動作環境

  • センターCD-ROMについては、Windows XP,Vista,Windows 7版です。

在宅会員申し込み方法

■ お早めにお申し込みください


 センター英語以外のオプション科目はいつでもお申し込みが出来ます。お申し込み次第代引きでお届けします。なお、オプション科目の代金は、一括払いが原則です。お支払いは、現金またはカードでの「代引き」です。TLTソフト教材をお届けした際、宅急便会社の
配達員に現金またはカードでお支払いください。カードなら分割払いができます。

■ クーリングオフ

 ご入会されて,ソフトをお受取りになってから10日以内であれば解約ができます。お支払いになった代金の返金はお申し出後,モニター用ソフト返却確認から2週間程度です。その場合,ソフト等の返却宅配便代金(1,000円程度)はお客様のご負担となりますので,予めご了承ください。

各科目の商品のお申し込み

 CD-ROM版NewtonTLTソフトをお求めのお客様は、当販売代理店のこちらのページで必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。注文メールが送信されます。注文メールの送信と同時に、注文受付確認メールがお客様のeメールアドレスに送信されます。お支払方法は、料金引き換えのみで、料金引き換え時にはクレジットカードによるお支払いもできます。z

 Newton TLT CD-ROM版注文
同ページの記入手順
①ご注文教材の対象講座名(センター試験)をクリックして下さい。
②「お申込み」の支払い条件の窓をクリックして下さい。
③下欄の「お客様情報入力」欄の各項目のご記入をお願いします。
④「内容を確認する」をクリックして下さい。
⑤内容欄のご確認後、ご送信して下さい。

ご注文後の注意事項
①ご注文後の、商品の発送・アフターケアの一切は、全てNewton社で行います。
カスタマーサポート TEL 0120-21-6071
②お申込みから1週間が経過しても商品が届かない場合は、お手数でも当代理店にご連絡ください。
③不良品やクーリングオフの場合は、お手数でも当代理店までご連絡ください。

▲ページ上部へ